はじめに

みなさん、こんにちは! Udemy講師の井上です。

2016/7/23のUdemy講師イベントで、レクチャー動画収録・編集のワークショップを担当します。

今回は、スクリーン録画ソフトウェアを使用して、スライドにナレーションと講師映像を組み合わせたレクチャー動画を作成していきます。

ワークショップの概要

(1)ビデオ内容の設計

例えば、コース紹介ビデオなら、以下の内容について整理しておきましょう。

  • コースタイトル(例:Linuxサーバー構築入門)
  • 講師紹介   (どのような経験があるのか?)
  • 受講対象者  (どのような方を受講対象としているか?)
  • コース概要  (コースで学ぶ項目。各セクションの概要)
  • ゴール    (コースを修了すると、何ができるようになるか?)
  • 受講条件   (おおよその学習時間と、受講の前提条件)

これをパワーポイントやKeynoteのスライドに1枚づつまとめてみましょう。

ワークシートを下記に置いておきますので、対応する項目を埋めてスライドを作成してみましょう。

PromoVideoDesign

また、スライドの作り方がわからない方は下記のサイト(書籍化もされています)が効果的です。

(2)各自収録・MP4での保存

(3)作成したビデオをUdemyのコースのテストビデオにアップロード

または、YouTubeやVimeoにアップロード

(4)ペアでプレビューして、各項目についてわかりやすいかチェックして、改善ポイントについてアドバイスし合いましょう。

このワークショップに参加すると

  • スクリーン録画によるレクチャー動画作成を体験できます。
  • ビデオの構成について整理できるようになります。
  • 第三者の視点から、改善点についてフィードバックを得られます。

ぜひ、この機会にレクチャー動画作成をマスターし、Udemyでのコース公開を目指しましょう。

ちなみに売れるコースは5時間以上のボリュームが必要ですので継続的に制作しましょう。

事前準備

以下の準備をしてお持ちいただくと、自分でレクチャー動画を作成できます。

  • Webカメラつき(外付け可)のノートパソコン
  • プレゼンテーションソフト(Googleスライド、PowerPoint、Keynoteなど)
  • USBマイク(Skypeなどで使うヘッドセットやオーディオマイク。なければ内蔵マイク)
  • インターネット接続(スマホのテザリングなどを試しておきましょう)
  • Screencast-O-Matic
    (下記の資料を参考にして、Screencast-O-Maticが起動できるようにしておきましょう。)

スクリーン録画とは?

スクリーン録画とは、下のようなパソコンの画面の映像、ナレーション、講師のWebカム映像を同時に収録したビデオのことです。

 

スクリーン録画ソフトウェア

収録に使用するソフトウェアは「スクリーン録画ソフトウェア」または「スクリーンレコーディングソフトウェア」と呼ばれています。

スクリーン録画ソフトウェアは、有料・無料のものがあります。

本格的に、Udemyコースの作成をするのであれば、

  • カムタジアスタジオ 8(Windows・¥33,000)
  • Camtasia for Mac (Mac・¥11800)
  • ScreenFlow 6(Mac・¥11800)
  • Screencast-O-matic PRO版(年間15ドル)

がおすすめです。

今回は、15分まで無料で収録ができる「Screencast-O-Matic FREE版」を使用してレクチャー動画作成にチャレンジします。

Screencast-O-Maticを使ってみよう

Screencast-O-Matic.com(以下、S-O-M)はブラウザから起動できるスクリーン録画ソフトウェアで、15分までなら無料でビデオを収録できます。

S-O-Mは、以下の手順で使用できます。

(1)Webブラウザ(Google Chrome・Mozilla Firefoxを推奨)で、http://www.screencast-o-matic.com/ にアクセスします。
スクリーンショット 2016-07-21 15.11.52

(2)ページが開いたら、【Start Recording】ボタンをクリックします。起動するかどうかを聞かれるので、OKをクリックしましょう。スクリーンショット 2016-07-21 15.14.01

(3)すると、以下のように点線で囲まれた領域と、録画設定メニューが表示されます。

スクリーンショット 2016-07-21 15.14.35

 

(4)録画対象を選択します。

  • 画面のみ
  • Webカムのみ(USB/Thunderbolt接続HDMIキャプチャ+ビデオカメラでもOK)
  • 両方(画面+Webカム)

(5)Size(サイズ)で収録範囲の大きさを選択します。

選択範囲の真ん中の十字アイコンをドラッグすると、選択範囲を移動できます。

  • 640 x 480ピクセル
  • 1280 x 720ピクセル
  • フルスクリーン

(6)Narrationでマイクの音量を振りきれないように調整します。

マイクの音量設定は、以下で行います。

Udemyでコースを公開する場合は、USB接続オーディオマイク(SAMSON GO/Meteor、iRig Mic HD)を使用することをおすすめします。

  • Mac
    • システム環境設定 > サウンド
  • Windows
    • ハードウェアとサウンド > サウンド > 録音 > マイク > プロパティ > レベル

(7)設定を完了したら、【Rec】ボタンをクリックします。

(8)ナレーションを終えたら【Stop】をクリックします。

(9)【Done】をクリックします。

スクリーンショット 2016-07-21 15.37.51

(10)出力範囲指定を行います。

左右のハンドルをドラッグすると、前後の不要な部分を出力しません。

(11)「Save as Video File」を選択し、保存すると、MP4ファイルの出力設定を行います。

  • Type: MP4
  • Filename: ファイル名を指定できます。
  • Folder: 保存フォルダを指定します。
  • Cursor: カーソルのハイライト

設定をしたら、【Publish】をクリックします。

スクリーンショット 2016-07-21 15.39.44

(12)Udemyのコースのテストビデオのページでアップロードを実行しましょう。

 

以上で、ファイルの生成は完了です。